ほぼ日手帳とEDITをちょっとだけ比較

ほぼ日手帳とEDIT
どちらも1日1ページのタイプの手帳です
f0335306_13565605.jpg
左が2013年に使っていたEDITクルール(B6変形)
右が今年2014年のほぼ日手帳オリジナル(文庫本A6)です

あくまでも私が使ってみた感想です

重さはEDITのほうが圧倒的に重いです。
f0335306_14042624.jpg
でも、このイタリア製PU貼のカバーの方はほぼ日手帳と変わらない感じの重さです
これは娘が使ってるEDITスープルです

メインの1日1ページのページは…
ほぼ日手帳は…
f0335306_14110894.jpg
EDITは…
f0335306_14134341.jpg
見た感じはどうですか?
ほぼ日手帳は、3.7ミリ方眼
下部に日々の言葉が書いてあって文庫本サイズですが
実際には書くスペースは少ないです

EDITは、5ミリ幅でドット横罫、縦の罫線を引くために上下にガイドポイントがあります
私は…EDITのスマートな感じが気に入って2012年2013年と
2年間EDITを使ってました

実は以前から、ほぼ日手帳の存在は知ってはいましたが
この方眼で字が見にくくならないのかな?
この祝日表記の大きさはどうなのよ?
とか思って、選んでこなかったんです

それが、2014年のこのミナポルヘネンのカバーに一目惚れして
あっさり「ほぼ日手帳」デビューとなったわけです。(^_^;A

EDITでは白紙のページばかりだった私の手帳が、ほぼ日手帳では
f0335306_14334437.jpg
こんなふうに写真やマステ、シールを多用した楽しいページの毎日になっています。不思議です

それは…
どうなんだろ?と思ってた方眼のマス目があることで
字がまっすぐ書けて、線や模様も書きやすい
3.7ミリ方眼に書く小さめの文字がちょうどいい
あのでっかい祝日表記も不思議と気にならないし…(笑)

それに、ほぼ日手帳はネットで検索すると、たくさんの方の素敵な使い方が見れて
自分もこんなふうに書いてみたいという気持ちになるっていうのも大きいかも?

紙質はどちらも薄く、筆記具さえ選べば、裏写りする事もないです
マンスリーページも同じようにあります

EDITには毎月のはじめに、まとめページのようなものがあります
f0335306_15014331.jpg
  • 今月のテーマ
  • 月間プラン
  • 今月の支出
  • 記録しておきたいこと
という標題がついています

EDITの書き込めるその他のページは
  • 年のビジョン・プラン・イベント
  • メモページ
  • アドレス帳

シンプルで書きやすいと思います
年のビジョンや月のビジョンは見開きになっていて
家庭人の私には、ちょっと大げさな感じがしたかな?
ビジネス仕様でしょうか…

ほぼ日手帳は、年間インデックスとして
f0335306_22031653.jpg
標題はありません

ほぼ日手帳の書き込めるその他のページは
  • 2日で1ページ(1月始まりは、前年12月から使えるようになっています)
  • メモページ
  • My Anniversaries(記念日・覚えておきたい日など)
  • Time Table(時間割・テレビ番組・病院の担当医など)
  • Favorites(映画や本など気になったこと)
  • Graph Paper(グラフや棒グラフなどの記録)
  • 非常時の持ち出しリスト
  • 災害時の行動・避難場所・連絡先など
  • Gifts(もらったり、送ったりの記録)
  • アドレス6人分
  • パーソナル(自分の情報)

たくさんありますね
内容的に家庭人の私には、どれも書き込みやすく
便利に使えています

まとめとして、どちらも書き方にルールはなく自由になんでも書く自分のBook
EDITはスマートでシンプル
ほぼ日手帳は親しみやすい

ほぼ日手帳の3.7ミリ方眼は「書きやすさを追求し
いくつかの大きさを試した後、行き着いた3,7ミリ」
使ってみてはじめて、なるほど。と思いました
5ミリ幅のEDITでは、行間があきすぎてバランスが悪いし
縦の書き始めが揃わないことも綺麗に見えない原因だったようです

わたしには「ほぼ日手帳」が合っていたようです

ご自分にあった1冊を見つけて、自分のBook
ぜひはじめてみて下さいね

私が使っている→ペンの事も、いろいろ書いてます。ご参考まで…
あと→写真プリントの記事も合わせてどうぞ

[PR]
by luvylove | 2014-08-26 16:48 | ほぼ日手帳
<< 手帳用ペンとマステと…時々ラヴィ ほぼ日手帳公式ガイドブック2015 >>